お客様とのよりよい関係が、
建物のよりよい管理へとつながる。

伊達 直隆 Naotaka Date

2012年入社
営業部営業室営業2グループ

いろいろなお客様と、長く、深く。
「人と接する仕事」の醍醐味があります。

大学在学中に、地域活性化の活動を行っていたこともあり、「人と接する仕事」に就きたいと考えていました。その中で、お客様と長く深くかかわり続けることができる、マンション管理という仕事に魅力を感じました。入社してからの6年間は、フロント職というマンションのありとあらゆる事に関するお客様の窓口になる業務を担当。年齢も職業も様々なお客様とお付き合いする中で、はじめの頃は厳しい言葉もいただきながら、少しずつマンション管理のプロとして成長し、お客様からも認められるようになりました。お客様との信頼関係を深めていくにつれ、自分の意見や提案に耳を傾けてくれるようになり、仕事の自由度や提供できるものが広がっていくのを実感しました。お客様のご自宅に食事に招かれたりするなど、一度信頼関係が築ければとても深い関係になることができるのは、この仕事の醍醐味だと思います。

フロント職での経験を活かし、新しい場所でのチャレンジへ。

現在、新築マンションの管理計画などを立案する営業部に所属しています。ここでは、マンションをお客様へ引き渡すまでのところで、設計段階から管理運用上に問題がないかや今後の管理計画の作成など、管理体制の幹を組み立てるような業務を行っています。マンションの資産価値を守るためには適切な管理が欠かせません。そのために、お客様の入居前から管理体制を万全に整えておく必要があります。もうひとつ重要なのが、管理費や修繕積立金といったお金に関する業務です。建物を管理していく上で、お金が不足することはもちろん、お客様の負担になるような高すぎる金額設定でお金を余らせてしまうこともよくありません。そのマンションに適切な金額設定をし、すべてのお客様にご納得いただけるようにすることが大切です。これからも、フロント職を経験した私なりの現場目線で、お住いの管理を長期的な視点で考えベストな答えを提供いていきたいと思います。

すべてのお客様とのお付き合いが、
未来のお客様へと受け継がれていく。

当社は三菱地所グループとして、これまで数多くのマンションを管理してきました。その実績の中で実際にお客様から上がってきた声や要望は、当社のノウハウというものに集約され、そしてしっかりと継承され、今の管理計画の至るところに生かされています。これらの知識や技術や対応力は、必ずこれからの未来のお客様にも受け継がれていくものだと感じており、私たちはさらに付加価値をつけて継承していきたいと思います。また、昨今、マンションは商業施設と一体化するなど形態が多様化しており、これからマンション管理は新しい時代に入っていくと感じています。これまでの財産を継承しながら、時代に合わせてお客様がより快適に生活できるよう、私たちももっとお客様目線に立ち、管理に反映していかなければなりません。新しいお住まいにこれから入居しようとするお客様は、皆さま希望に溢れています。それを私たちは管理の面で支えており、日々やりがいを感じています。

キャリアパス

相関図

OFF TIME
私の休日

私が九州出身ということもあって、お酒を飲むのが大好きなので、休日はよく居酒屋巡りをしています。どちらかというと昭和レトロなお店が好きで、上野や新橋あたりによく行きます。同僚たちと仲がいいので一緒に行くこともあり、おいしいお酒と楽しい会話でリフレッシュし、仕事へのエネルギー補給をしている感じです。

COLUMN
〜共に働いていく〜

森岡 瑞貴 Mizuki Morioka

2012年入社
リニューアル事業推進室リニューアル事業推進部長計積算グループ

同期であり、同じ九州出身として親近感を覚えています。身だしなみが整っていて、仕事もスマートにこなす印象です。でも、話すととても穏やかな口調で、実は癒しキャラな一面も。仕事に関しても、私たちの部署で新規物件の図面が必要になった時に手配をお願いしたら、すぐに図面を取り寄せてくれました。仕事が早く、まじめで、何にでも積極的な好青年だと周囲からよく褒められています。同じ同期として、とてもうれしいですね。