仕事を知る

三菱地所コミュニティのマンションの管理業務には、主に3つの職種があります。受注活動から管理計画の立案までを担当する「営業」、管理組合に対するサポート・提案業務を担当する「フロント」、マンションの修繕・改修工事を担当する「技術」、それら3つの職種の社員が連携することで、付加価値の高いサービスを提供しています。ここでは、それぞれの職種の業務内容を解説します。

三菱地所グループの分譲マンション事業の『製・販・管』の『管』を担う、最前線でお客さまと接することができる仕事です。

管理(フロント)部門では、マンションのオーナーの団体である管理組合の運営サポートが主な業務です。管理組合では、マンションの管理方針の決定のために、理事会や総会といった会議を定期的に開催します。そういった会議での合意形成が円滑に運ぶように、フロントが「管理のプロ」として提案・アドバイスを行っていきます。具体的には管理組合収支から設備点検、修繕工事やマナー改善等様々な案件について取り扱います。また、マンションの巡回や管理員・協力会社との打合わせ、お客様の問い合わせ対応もフロントの日常的な仕事です。

デベロッパーと連携し管理計画を立案する仕事です。

営業部門では、主にお客さまがマンションに入居するまでの仕事を担当します。三菱地所レジデンスの新築マンションを中心に、管理に関連する部分の設計図の確認から、管理組合の運営費や修繕工事のための資金計画、さらに管理組合のルールブックである管理規約の作成まで、お客さまの快適なマンションライフのために長期的な視点で管理計画を立案しています。

お客さまの快適な暮らしのために。マンション修繕に関わる幅広い仕事です。

技術部門では、マンションの建物と設備について幅広い対応を行っています。日常的な故障・不具合への対応や予防保全としての建物の診断、長期的な修繕計画の立案を担い、管理組合のハード面を支えています。そして実際の修繕の実施にあたっては、フロントと一緒にマンションに出向き、工事内容・金額等のコンサルティング業務から、施工管理業務まで行っています。