人と同じく建物にも確かなケアが必要です

建物の性能や資産価値を維持し、長く快適に暮らすためには欠かせない大規模修繕工事。設計・施工、または設計・監理、どちらにも対応可能なところが当社の強みです。

大規模修繕4つのステップ
当社が手がける大規模修繕工事は、スタートとなる「修繕計画および資金計画の立案」から、作業の安全や品質を確保しつつ、スケジュール通りに工程を進める「工事管理」までを、4つのステップに分けることができます。ここでは、それぞれの内容を詳しくご説明いたします。
  • ステップ 1 ライフサイクルを見据えた計画をご提案
  • ステップ 2 建物の修繕に必要な範囲や時期を判断
  • ステップ 3 建物の状況に適した工事仕様をご提案
  • ステップ 4 第三者の目によるチェック体制を導入
修繕計画・資金計画立案から工事管理実施まで
時間もコストもかかる大規模修繕工事。当社では、管理データを活用した精緻な修繕計画・資金計画の立案から、知識や経験が求められる工事管理までを一貫して行っています。
ステップ 1「修繕計画・資金計画の立案」修繕時期や内容、費用を把握し計画を立てます。
ステップ 1「修繕計画・資金計画の立案」
長期間に渡ってマンションを健全な状態で維持・保全していくためには、必要な修繕(外壁や防水の補修、給排水管の更新等)の的確な実施が求められます。これらを確実に行うには、修繕積立金にもしっかりと気を配る必要があります。当社では、マンションで実施された過去の修繕経緯の詳細を把握し、今後のライフサイクルコストの低減を踏まえた工事を提案すると共に、状況に応じて資金の調達(修繕積立金値上げ検討や借入れ等)もサポートいたします。
ステップ 2「定期検診・工事時期の提案」技術者の目と測定機器で、最適な工事時期をご提案。
ステップ 2「定期検診・工事時期の提案」
調査項目は、建物の環境や築年数などによって異なります。一般的には躯体コンクリート、仕上材、防水層、鉄部、シーリング材などの劣化状況をチェック。様々な分野の専門家が集まり、目視や触診を行います。また必要に応じ、テストハンマーで音を聞き分ける打検、特殊器具を用いた機械調査をご提案。専門家の視点で綿密に調査・診断された結果は、修繕の必要性や劣化の進行予測として報告書にわかりやすくまとめられ、修繕計画の基礎資料となります。
ステップ 3「工事仕様の企画立案」3種類の中から最適な工事仕様を選択できます。
管理組合の依頼に基づき、別途業務費用にて工事会社を下請とする工事請負業務を行い、当社で施工責任を負う「アットリスクCM(コンストラクションマネジメント)方式」、修繕を行う工事会社を紹介する「ピュアCM方式」、そしてピュアCM方式の様々な工事リスクを当社が保証する「ピュアCM保証方式」をご用意しています。
ステップ 3「工事仕様の企画立案」
ステップ 4「工事管理の実施」品質向上のため、様々な取り組みを行っています。
ステップ 4「工事管理の実施」
当社では、監理担当者、施工会社の現場代理人、そして作業員に向けた勉強会を定期的に開催しています。さらに、作業員の技能を測る研修(外壁及び鉄扉塗装仕上げ研修、防水仕上げ研修)も定期的に実施。常に技術力の向上に努め、高い工事品質を確保しています。また、二重のチェック体制が確立されているのも当社の特徴です。リニューアル事業部とは別に、工事のクオリティや安全を確認する品質安全管理室を設置。担当部署以外の技術者が工事のチェックを行うことで、品質や安全管理のさらなる向上を図っています。
※掲載している業務は、一般的な仕様となります。
 マンションによって仕様が異なる場合がありますので、詳しくは当社までお問合せ願います。