管理会社変更に関するQ&A

管理会社の変更に関して、よくいただくご質問をQ&A方式で紹介致します。

見積を依頼する際、どのような資料が必要ですか?

現在の委託契約書、各種点検報告書、分譲時の販売パンフレットなどが必要となります。またご要望により、当社からの提案仕様でのお見積も可能です。状況により書類がご用意できない場合は、別途ご相談ください。

管理会社を変更するにはどのような手続きが必要ですか?

理事会で新管理会社1社を選定した後、総会決議が必要となります。また、スムーズな管理会社の変更のためには、事前の情報発信・合意形成が重要となります。様々な方法の中から、管理組合に合った方法を提案させていただきます。

管理会社同士の引継はどのようにして行いますか?

引継項目は、大きく分けて(1)建物・設備関係 (2)会計業務関係 (3)共用鍵・書類関係の3つとなります。引継内容に応じて書類での引継ぎ、現地での引継ぎなどを行います。適宜管理組合に引継状況を報告しながら進めますので、進捗も確認でき、安心です。

管理会社を変えることで、過去の情報が失われたりしないのでしょうか。

過去の理事会・総会資料、修繕履歴などの重要データについて、当社作成の引継書類リストに基づき遺漏のない引継を行います。各データは当社システムに入力し、スムーズな管理スタートに役立てます。過去に蓄積された情報は漏れなく引継ぎを行わせていただきますので、ご心配はありません。

管理会社を変更する際、どのようなサポートを行ってくれるのですか。

検討段階のスケジュール作成から、総会資料作成のお手伝い、現在の管理会社との引継などサポート致します。管理組合様にご負担にならないよう当社がリード致しますので、ご安心下さい。

管理を開始するのに、準備期間はどれくらい必要ですか?

総会で決議してから2〜3ヶ月間必要となります。その間に引継や管理費等の引落手続きなど、管理スタートのための準備を行います。

管理会社との契約期間中でも、管理会社の変更は可能ですか?

今の契約書に中途解約条項があれば、事前の通知による、中途解約が可能です。なお、予告期間は3月前の通知が一般的ですが、詳細は現在の契約書をご確認ください。

引継期間中の費用はかかるのですか?

管理スタート前の引継期間は、無償で引継や管理開始の準備を実施致しますので、ご安心ください。

長期修繕計画は作成してくれるのですか?

管理スタート後、30年間の長期修繕計画を作成致します。作成後は、定期的に見直しを行い、精度を高めていきます。作成費用については、原則として無償ですが、引継可能なデータによっては、有償となる場合がありますので、詳細はご相談ください。

見積以外の相談にはのってもらえるのですか?

お見積のご相談の他、管理組合で現在取り組まれている課題や、抱える問題などについて、ご相談ください。当社の実績・経験に基づいてご提案・アドバイスをさせていただきます。